遊戯王デュエルリンクスペガサスのスキル「マインドスキャン」についてお伝えしていきます。

 

マインドスキャンとはペガサスの義眼ミレニアムアイの効果のことで、相手の手札及び防カードを全て、相手に悟られず確認することができます。

 

遊戯王のアニメや原作ではこの戦術で遊戯と海馬は苦しんでいたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

そしてこの遊戯王デュエルリンクスでもあなたはペガサスに何もかもお見通しにされかねないのかもしれません。

マインドスキャンの効果

引用:遊戯王デュエルリンクスアプリ内

 

ペガサスのレベルアップ報酬(LV13)で手に入るスキルであり、それを自分のものとして使うことができます。

 

そしてそのスキルを発動すると、相手の手札、フィールド上のカードを全て確認するという非常に強力な効果を持っています。

 

手札、フィールド上のカードを全て確認できるようになると、相手が一体どんな魔法カードを発動するのか、どんなカードを伏せてくるのかなどを全て見極めることができるようになります。

 

この時、自分が「マインドクラッシュ」「深淵の指名者」を持っているととんでもないことができるようになります。

マインドクラッシュを使ったら

「マインドクラッシュ」は通常罠カードでカード名を1つ宣言し、相手の手札に宣言したカードがあったらそれらを全て墓地に送り、なかったら自分は手札からカードをランダムに1枚捨てる効果を持ちます。

 

単体で使うと、外れる可能性が高く、手札を1枚捨てる羽目になりますが、相手の手札、フィールド上のカードを確認するマインドスキャンと組み合わせれば、相手に悲惨な状況を追い込むことができます。

 

相手の手札がどのように構成されているのかを確認し、そこで厄介なカードの名前を言ってしまえば、それを強制的に墓地に捨てさせることができます。

 

そうなると相手は反撃の糸口をつかむことができなくなり、負け確定に陥ります。

深淵の指名者を使ったら

引用:遊戯王デュエルリンクスアプリ内

 

「深淵の指名者」は1000ライフポイントを払い、種族と属性を1つずつ宣言し、相手のデッキ、手札から自分が宣言した種族と属性が一致するモンスター1体を墓地に送る効果を持ちます。

 

相手が切り札をデッキに投入する場合、たいてい1枚しか投入しないので、そのカードの正体をあらかじめ覚えて「深淵の指名者」を発動しておけば、相手の切り札を墓地に送ることができます。

 

万が一失敗しても、「マインドクラッシュ」と違って手札を捨てることも何も起きません。

【関連記事】

⇒遊戯王デュエルリンクス ペガサス40のデッキ

マインドスキャンの効果的な使い方

マインドスキャンで相手の手札、フィールドのすべてを確認できたら、今度は相手に何もできなくさせる方法を見出す必要があります。

 

「マインドクラッシュ」や「深淵の指名者」だけでも、セットカードは破壊できないので、そのためのカードとして「サイクロン」「ハーピィの羽根箒」が必要になります。

サイクロン

引用:http://appmedia.jp/duel_links/322203

 

「サイクロン」は遊戯王デュエルリンクスでももちろん、OCGでも恐れられているカードです。

 

速攻魔法でフィールド上の魔法、罠カード1枚を破壊する効果を持ちますが、このカードの一番怖いところは相手ターンのどのフェイズでも発動できる点です。

 

ドローフェイズでも、スタンバイフェイズでも、メインフェイズでも、バトルフェイズでも、エンドフェイズでも関係なく、発動できるので、相手にとっていつ魔法、罠カードが破壊されるのか知れたものではありません。

 

遊戯王OCGでは相手がターン終了するため、エンドフェイズに移行する時によく「サイクロン」が発動されることがあります。

 

セットしたカードはそのターンに発動できない、そういうところを利用して、相手がそのターンにセットした魔法、罠カードを破壊し、相手の戦意を喪失させる「エンドサイク」が現在でも横行しているのです。

 

デュエルリンクスでは、マインドスキャンで相手の伏せている魔法、罠カードの内容をすべて把握できるので、自分の思うように「サイクロン」で魔法、罠カードを破壊することができます。

 

そうなったら相手は終わりです。

ハーピィの羽根箒

引用:http://appmedia.jp/duel_links/283304

 

「ハーピィの羽根箒」は「サイクロン」以上に強力なカードです。

 

通常魔法で、相手フィールド上の魔法、罠カードを全て破壊する効果を持ちます。

 

「サイクロン」と違って自分のメインフェイズ時にしか使えませんが、発動したら相手は言うまでもなく、反撃ができなくなります。

 

「聖なるバリア-ミラーフォース」「リビングデッドの呼び声」などの強力な罠カードを恐れる必要がなくなり、安心して自分は相手に攻撃できるようになります。

 

マインドクラッシュで相手のセットカードの内容を全て確認したら、「ハーピィの羽根箒」でそれらをすべて破壊し、一気に相手の戦意を奪うことができます。

 

【関連記事】

⇒遊戯王デュエルリンクス ペガサスの周回を攻略

まとめ

このようにマインドクラッシュで相手のすべてを確認して、手札、フィールド上のカードを思うがままに破壊する戦術をつくれば、相手は一気に戦意喪失に落ちます。

 

しかし、このような戦術はOCGでも現実でもよくないものです。

 

相手が何かをしたくてもできなくなり、デュエルが詰まらなくなるからです。場合によっては嫌われることになってしまうので、注意しましょう。